岡久戸代喜事務所

不動産登記、商業・法人登記、債権整理のご相談

HOME

不動産登記

商業・法人登記

債務整理

裁判手続き

事務所案内

 

HOME»  遺言書を作成したい時

遺言書を作成したい時

一般的に遺言書を残しておきたい場合には、公正証書遺言もしくは自筆証書遺言によることが多いと思います。

 

公正証書遺言(一番確実で無効になることはほとんどありません)

遺言者が公証人に遺言の趣旨を口頭で述べ、これを公証人が公正証書として作成する遺言です。

(方法・必要書類・費用)
・証人が2名必要(未成年者・推定相続人・その他配偶者等はなれません)
・遺言者の実印と印鑑証明書、戸籍謄本1通
・証人の印鑑(実印でなくてもよい)
・受遺者の戸籍謄本1通
・不動産の登記事項証明書、固定資産評価証明書

作成手数料は財産の価格によりますが、価格が5,000万円程度で4~5万円です。

 

自筆証書遺言(方式の不備によって無効や内容の争いが起こる場合があります)

・遺言者が遺言書の全文・日付・氏名を自書し、押印して作成する遺言です。
・遺言者の死亡後に家庭裁判所に持参し、検認を受けなければなりません。

検認は遺言書の有効・無効を判断する手続きではありませんから、検認を受ければすべて有効となるとは限りません。又、自筆証書遺言には細かな方式がありますから、できるだけ公正証書での遺言をおすすめします。

 

不動産登記

商業・法人登記

債務整理

裁判手続き

事務所案内

お問い合わせ

司法書士 岡久戸代喜事務所

〒774-0030
徳島県阿南市富岡町玉塚23番地5
電話:0884-22-8926
FAX:0884-22-3301
詳しくはこちらをクリック

司法書士 岡久戸代喜事務所